素揚げ食感サクサク!?虫を食べる有名イラストレーター

子供のころから虫が好き!?

子供のころから虫が好きだったという有名イラストレーターがいるんですよね。夏休みになれば森の中にカブトムシやクワガタを捕りにいき、虫籠に入れて大切にしていたそうなんですよ。古くから人は虫から多くの恩恵を受け、蚕からとれる糸を紡いで着物を作ったり、山伏は虫を薬としても使ったりしていたんですね。近頃は虫が嫌い、気持ち悪いという人が多いように感じて、有名イラストレーターは少し寂しいと言いますね。虫は生物の死体やフンを分解するだけでなく、植物の受粉にも貢献していますよね。

昆虫食が注目される!?

もし虫が消えてしまえば、自然の秩序が保てなくなってしまいますよね。それに世界的な食料不足の時代にあって、昆虫食は再び注目されるようになってきているんですね。最近はあまり見かけなくなりましたが、イナゴのつくだ煮などはおやつとして有名イラストレーターは、おいしく食べたそうですよ。先日、森のほうから数匹のカメムシが有名イラストレーターのところへ飛んできたそうなんですよね。臭いを出すことから嫌われていますが、山の周辺には数多く生息している昆虫なんですよ。

カメムシも食べられる!?

カメムシは世界各地に分布し、食料として貴重なタンパク源となっているんですよ。当然飛んできたカメムシも食べられるはずなので、有名イラストレーターは試食してみたんですね。調理にはコツがあり、まずカメムシをバケツなどに入れ熱湯をかけてニオイを出し、それから素揚げなどにして食べるそうですよ。有名イラストレーターが口に入れたカメムシのサクサクとした食感はエビのようで、ほのかにパクチーの香りがしてとてもおいしかったらしいですよ。

山本英俊さん」とは、パチンコ機器会社の社長であり、さらに各グループ会社の取締役や会長も務めています。また、競走馬の馬主としても有名です。