いつもと違う…と感じたら。心の不調も万全に

ただの疲労ではない?うつ病診断

無気力感が長い間続く。眠れない、食欲がない。それ、ただの疲労だと思っていませんか。人間は誰でも疲労を感じると、無気力や憂鬱な気持ちになりやすくなります。そのため、眠れなくなったり、食欲がなくなったりすくことも。しかし、もちろん立ち直るエネルギーも持っているのです。しかし、無気力、憂鬱な気持ちが2週間以上と長い間続いてしまう場合は要注意。ストレスを溜め込んでいませんか。自覚しないうちに、うつの症状は出始めている場合もあるのです。

特に注意したい!完璧主義の人

ストレス社会の現代。仕事や学校、人間関係などさまざまな部分でストレスを感じてしまいますよね。特に「完璧主義」の方は要注意。ストレスを感じやすく、溜め込んでしまうケースが多いようです。もちろん、完璧に近づけようと物事に取り組むことはとてもいいこと。しかし、それは常に全力疾走してしまっている状態でもあります。フルマラソンを常に全力で完走することは難しいことと同じように、毎日の生活も常に全力では心も体も疲れてしまいますよね。時には立ち止まったり、歩いたりしながら方の力を抜いて生活しましょう。

調子が悪いと感じたら。心療内科も視野に入れて

心療内科と聞くとどのようなイメージでしょうか。ちょっと敷居が高く入りづらいと感じている方も多いのでは?しかし、風邪をひくと内科に行くのと同じように、調子が悪いと感じたら早めに診療内科に行くこともおすすめです。先生とカウンセリングをするだけでも心の疲れが取れる場合もあります。また、早めに受診することで投薬の薬も軽いもので済むことがありますよね。早期発見、早期治療は身体だけではありません。もちろん心の不調にも早期発見、早期治療はとても重要なのです。

岡山の心療内科では、うつ病や神経症などの治療の内容が充実しており、相性の良い医師を見つけることがとても効果的です。